人材の新しい活用方法として、注目を集めているクラウドソーシングの実践セミナーを2月12日(木)に、01高知Boosterで開催します。

クラウドソーシングは、インターネット上で企業などの発注者と個人を中心とした受注者であるワーカーのスキルをマッチングする仕組みです。不特定多数のワーカーに業務の一部、もしくはすべてを担ってもらう新しい人材活用です。

企業にとって大きなメリットがあります。全国各地や海外で登録している数十万人のプロフェッショナルたちに、必要なときに、必要な分だけ、業務を発注することが可能になります。つまり、これまでよりも、迅速に、かつ高い品質で事業や業務を行うことができるようになり、一般に低コストです。

また、仕事を受ける方も、インターネット環境さえあれば、自分のスキルを活用して、いつでも、どこでも、働けることから、新たな働き方として注目を集めています。

今回のセミナーでは「クラウドソーシングによる最良の人材活用」をテーマに、活用の仕方とともに、国内でも急速に利用が進んでいるクラウドソーシングの状況や人口減少が進む地方都市での活用事例等を紹介します。

主催:01高知Booster
連絡先および開催場所:株式会社01高知ブースター セミナールーム
高知市本町5-6-35 つちばしビル3階(高知県庁前)

日時:2015年2月12日(木) 14時から15時まで
入場無料:前日までにメールお問い合わせページ、Faxでお申し込みください。

電話:088-856-5210